So-net無料ブログ作成

タマのお気に入りの場所 [猫]

タマはサスケの遺影の前がお気に入り。
サスケの写真ってちゃんとわかっているみたいでよくじ〜っとみるけど、しっかりサスケのご飯も狙っています。
気がつくとすぐにサスケのお皿は空っぽ。タマ、何で自分のは食べないの?
(タマにも同じもの入れてるし、も少し高級なものも入れたりしてるんですけど)
97R0016772.jpg
今日7月7日はカメラ店に出していた遺影(ラミネート加工)が仕上がってくる日。
またじ〜っと見るのかな?


7月6日、タマの元飼い主さん、peeさんがサスケの為に我が家へ来て下さりました。
今回peeさんと初めてお会いしました。(タマをいただく時はpeeさんのお母様にしかお会いしなかったので)いつもsasuke家を気にかけて下さり、その上ご丁寧にサスケへ素敵なお花までありがとうございました。
お母様にもよろしくお伝え下さい。
97R0016924.jpg


サスケ、キレイなお花、嬉しいね。。。とサスケの遺骨とpeeさんからのお花を
花瓶に挿す前に撮影していたら…カメラの前に無理矢理入ってくるタマ。
タマ「ちょっと〜っ!何でサスケちゃんを窓の方に連れて行っちゃうの!」
97R0016927.jpg97R0016928.jpg
 タマ「アタシのサスケちゃんに何したの?!あら?お花。。。いい匂い…」


タマったら、peeさんが折角来て下さった時にはちょっとおどおどしちゃって変でした。
懐かしい声や匂いがして、元のお家に連れて行かれると思ったのかな?
でもpeeさんが帰った後、猫毛布にモミモミしてました。
nice!(9)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

7月7日に向けて&タマの様子  [猫]

もうしばらくしたらサスケの四十九日。
亡くなってからしばらくは意識がこの世に夢のように残っていて、だんだんと自分が死んだと理解して天に昇るそうで、そのための法要が四十九日。

(今回でしめっぽい記事はおしまい!!sasukeママは泣き虫ですぐに泣いちゃうし。
13年間も一緒に楽しく過ごしてくれたサスケに感謝して、次回からは笑顔でお会いできる
ブログを書きます←とりあえず断言!?)


(サスケが亡くなってすぐ、タマはどうしていたかというと…)
97R0016594.jpg
(火葬までの二晩、サスケの亡骸をタマは気にしつつも、怖がるような?嫌がるような?感じでなかなかサスケを見る事ができませんでした。。。。
タマ、サスケがいなくなって寂しいね。ごめんね。)
97R0016603.jpg97R0016609.jpg


今年の7月7日はトキオにとっては初の七夕だけど…
同時にサスケの散骨もして少し早めに四十九日を迎える事にしました。
お骨は粉骨にしたので、その一部をサスケがよく過ごした場所…
冬は日向ぼっこに夏は木陰となりくつろげた門の木の下に散骨して
天の川を渡ってもらおう。

サスケが悲しい思いや辛い思いを忘れて、どうか穏やかな気持ちで無事に
天の川を渡れますように。。。。



97R0016630.jpg
(タマが嫌がって可哀想でしたが、火葬の前に無理やりバイバイさせました。
火葬車にきてもらって火葬と粉骨をしてもらいました。
申し込みが殺到しているそうで、夜の火葬になりました。
火葬業者の人をとても怖がったタマ。
サスケが連れて行かれるのをすごく心配そうに見ていました。)
97R0016632.jpg


散骨した後の残りのお骨はお守りとして、大切にしていきたいと思います。
サスケの事だから、きっとお空に昇ってもタマやトキオの事を心配すると思うし…
家の門と、家の中で二人を(一人と一匹ですが)見守っていてもらおうと思いました。


97R0016661.jpg

今でもサスケの話をすると辛いけれど、タマやトキオが居たおかげで
面倒見のいいサスケは賑やかで楽しい猫の人生が送れたに違いないと
前向きに考えるようにしています。


カメラ店に早めにサスケの遺影写真のラミネート加工注文を出したつもりでしたが(猫カレンダーをそのまま)結構時間がかかるのですね。仕上がりも丁度7月7日になってしまいました。

97R0016764.jpg
てんてん母さんhttp://blogs.dion.ne.jp/cat_cat/
愛猫的女人さんhttp://ade8ko.blog.so-net.ne.jp/
お花をありがとうございました。
ラッピングも素敵で…猫の耳をかたどってる感じ。
サスケ、お花が大好きだったからとても喜んでいると思います。
めずらしく、いたずら好きのタマがついていた猫じゃらしを見ても反応せず。
サスケのだってわかったのかな。
nice!(8)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

サスケの最期を読んでくださった皆様 [猫]

>サスケの最期を読んでくださった皆様
 そして書き込みや個人的にメッセージをくださった皆様

           本当にありがとうございました。



コメントやメッセージのお返事をしてなくて申し訳ございません。
サスケの火葬後。。。。。。。ゆっくり悲しむ余裕もないままトキオもママも風邪をひいて寝込みました。病は気から…か悪化させ、長引かせてしまいました。ノドがとても痛くなって水が飲みにくいほどになったり、高熱が出たり咳が続いたり。トキオは1日に何度も吐き続けたり。やっと回復してきました。

パパにも風邪がうつりましたが、トキオやママ、タマのお世話で気が張っていたおかげでかパパは重くならずに済んでいます。でもサスケの事があってか、気が滅入った分、パパも回復が遅く現在も長引いている感じです。

タマは現在、元気に過ごしています。
サスケの火葬まではサスケの亡骸を気にしてあまりゆっくり眠れなかった様子でしたが、火葬後からはゆっくり眠るようになりました。でもとても寂しがって、以前に増して甘えてくるようになってしまいました。



皆様から折角温かいお言葉を頂いていたのに、ごめんなさい。サスケの事ではいっぱいいっぱい後悔があって、やはり堂々巡りの状態になってしまっています。

サスケは本当に家族思いの猫でした。夫婦喧嘩の中、喧嘩をやめるように噛みに来たり、ママが昔、夢でうなされていた時も心配してとんできた事があったり、タマを欲しがるお客さんが来ると、タマを守るのに必死だったり、トキオが泣くと何度も心配そうに見に来てくれて。。。。
13年間と考えると長い年月なのに、パパもママも最近の家猫は長生きだから少なくとも15年くらいは生きられるだろう、頑張れば18年とか20年とかと思っていました。

サスケが本当に老衰で安らかな眠りにつけるような生涯だったら、パパもママもこんなに辛い思いをしないで見送る事ができたのかもしれません。
でも現実は老衰とはちょっと違って…サスケは出来る限り家族に迷惑をかけない、心配をかけない道を自ら選んでいたように思います…前回のコメントでさなえさんが書いてくださっていた「ポーカーフェイス」がまさにに性格的にあてはまっていて、あっという間で。。。サスケらしい死ではあったのだけど、パパママがちゃんと気をつけていればよかった。サスケも遠慮せずもっともっと甘えてくれてよかったのに…パパママがもっと早く気がついて、遠慮するのを無理やり抱っこして甘えさせてあげればよかった。もっと色々なものを食べさせてみたりすればよかった。

すみません。。。考えは堂々巡りしてしまいますが、出来る限り、多くの方が同じようなこんな悲しい思いをせずに済むように願ってますので、もしサスケと似た様な状況の方はどうか注意してみてください。


本日6月12日は猫友日めくりカレンダーでサスケが出ている日。カレンダーにお誘いしてくださったてんてん母さんhttp://blogs.dion.ne.jp/cat_cat/archives/6742449.htmlそして製作スタッフの皆様、カレンダーのお友達の皆様、悲しいお知らせの写真になってしまった事をお許しください。
s1.jpgs2.jpg
背景に貼っているキャラクターはパパが考案したもので、金紙で作っていたものでした。少し雨の時季らしい感じが出るかなと思って(てるてるぼうずのような、雨粒のような形のエンジェル)一緒に撮影したのですが、今となってはサスケをお迎えに来た天使のようになってしまいました。。。

nice!(8)  コメント(11) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。